終了

クッションで薄づき艶やか、朱肉みたいなリキッドファンデーション「アフロディナス」

投稿日:2013年11月17日 更新日:

リキッドファンデーションの悩み

肌にしっとりとなじみ、自然な仕上がりのリキッドファンデーション。
だけど、付け方を間違えると最悪!

お肌の難を隠そうと、ついつい厚塗り。
後でひどく化粧崩れして、カバーしたはずが、余計に目立って逆効果なんてことも…。

肌の上で、リキッドを均一に伸ばすのって難しい。
スポンジで肌をこするのはNG、たたき込むように付けるって教えてもらったけど、
自分でやると、どうしてもムラができちゃうんだよね。

簡単なようで、意外にテクニックが要るのがリキッドファンデーション。

そんな風に考えていた時期が、わたしにもありました。

APHRODINUS(アフロディナス)

新感覚ファンデ「アフロディナス」

こんな新製品が出るまでは。

新感覚のリキッドファンデーション「アフロディナス」です。

「アフロディナス」は、スポンジにしみ込ませたリキッドファンデーションを、
独特な使い心地のパフと一緒に、コンパクトに収めた商品。

10 in 1 の多機能ファンデ

”10 in 1”ファンデーション

「アフロディナス」は、10の機能を持つ ”10 in 1 ファンデーション”

冷たいパフでお肌を①リフレッシュ
お肌を②美白し、③ツヤ感を出すだけじゃなく、きちんと④保湿。

⑤毛穴やシミなどの肌トラブルをカバーする、優れた⑥コンシーラーとしても使える
⑦下地いらずの⑧ファンデーションで、⑨UVカット効果も「SPF50+、PA+++」としっかり。

ビタミンB、E、Cの誘導など、美容成分も豊富に配合されていて、⑩アンチエイジングも見込める。

毎日忙しくて、お化粧やスキンケアの時間を満足にとれなくても、
「アフロディナス」なら時短メイクでOK。

なぜなら「アフロディナス」は、手早くカンタンに美しい肌を仕上げる、
お肌にうれしい美容成分まんさいの、機能的なファンデーションなのです。

朱肉みたいなクッションファンデ

専用「ミストクッションンパフ」付き

ファンデーションは、80万個のポア(穴)からなるクッション(スポンジ)にしみ込んだ状態。
形状的には、印鑑の朱肉に近いです。

クッションがリキッドファンデを均等に分散するので、塗りムラや付け過ぎを防ぐことができます。
固形ファンデと同じように、パフに取って肌に伸ばせるので、手も汚れません。

スポンジをパフでギュッと押さえて、肌にポンポンポン。
このくり返し。

パフに付くファンデは、だいたい同じ量なので、肌に均等につきます。
無理に伸ばす必要も無く、ポンポンポンと軽くたたくようにして付けるだけ。
カンタンで、仕上がりもきれいです。

選べる2カラー

スポンジにしみ込むファンデーション

クッションをぎゅむっと押すと、小さなポアに詰まったファンデーションが染み出します。

カラーは2色。
日本女性の標準色「オークル」と、やや色白の「ライトオークル」があります。

これは「ライトオークル」です。

ひんやりパフ

付け心地つめたい、ミストクッションパフ

こちらは付属のオリジナルパフ。
非常にキメが細かい「ミストクッションパフ」です。

パフは3層構造。
上部のフイルム膜が汚染を防ぎ、
中部は柔らかなスポンジが、肌への密着感を演出。
下部の微細なセルが、ファンデーションが固まらない構造を形成しています。

すごいのは、普通のパフと比べて、1.6倍の水分を保持するところ。
これは数字で考えるより、体感すればすぐ分かる。

肌に触れた瞬間 ”しっとり、ひんやり”
まるでローションパッティングしているかのような気持ち良さ。
化粧という名のスキンケアですこれは。

つけごこち

ツヤ

左側が素肌、右側がアフロディナスをつけた肌です。

薄づきで、ほのかなツヤと透明感がある、美しい仕上がりになりました。
キレイに塗れて、自分でも感動。リキッドは苦手だったから…。

目のクマとか、頬のシミには厚めにぽんぽん。
2~3回押さえれば、ほとんど分からなくなります。コンシーラー効果もバツグン!

ナチュラルメイクなら、5分もあればOKかも。
朝の忙しタイムでも、ポンポンくらいならできる!

さらに少しお粉を足せば、完璧に近い仕上がりに。
時間が経っても崩れず、素肌のようにぴたっと張り付いてくれてました。

1日肌が乾燥せず、保護されているような感覚です。
すっぴんより、ファンデを塗った方が肌の調子が良い!
日焼け止め効果もあって、外出にも欠かせなくなりそうです。

-終了
-, , ,

Copyright© トライアル屋|お試しセット・トライアルセットの専門店 , 2018 All Rights Reserved.